2017年5月のこびん

戻る


<第0875号 2017年5月21日(日)>

       かぜのことば

         きこえる
         かぜのことば
         
         まどを
         ほそくあけて
         
         ひくいこえ
         たかいこえ
         
         やさしいこえ
         さけぶこえ
         
         もっともっと
         ききたくて
         
         まどを
         おおきくあけたら
         
         きこえなくなった
         かぜのことば

         

   * 挿一輪 *

 5月は風の季節のイメージがあります。
 
 さわやかな風、光を誘う風、かけぬける風。
 
 耳に手を当てると風のことばが聞こえそうです。
 
 いちばん心地よい風の吹く場所で、じっと耳を傾けてみたいですね。


<第0874号 2017年5月14日(日)>

       ふわっと

         ふわっと
         ういてみる
         
         木漏れ日に
         掌をさしだすように
         
         ふわっと
         わらってみる
         
         道端の草花に
         息をかけるように
         
         ふわっと
         とんでみる
         
         たんぽぽの綿毛に
         風と寄り添うように
         
         ふわっと
         だいてみる
         
         うまれてからずっと
         歩いてきたわたしを

         

   * 挿一輪 *

 ちからを入れすぎないで、ふわっと。
 
 からだもこころもやわらかなままに。
 
 ほら、こんなにも、生きていることは、軽やかだから。


<第0873号 2017年5月7日(日)>

       きめよう

         きめよう
         ゆくばしょを
         
         のぼるなら
         そのいただきを
         つつむなら
         そのおおきさを
         
         しっかりと
         つかんだら
         
         みちすじを
         たのしもう
         くふうして
         さがしてゆこう
         
         けつだんは
         ひとつでいい
         
         えんしゅうから
         ちゅうしんまでの
         むげんのみちすじが
         あなたの「いきる」

         

   * 挿一輪 *

 生きることは、選べることです。
 
 決まっていることがまわりに見えても、
 たとえば、次の一歩を踏み出すのにも、どれだけの選択が。
 
 それだけでなく、踏み出さずに立ち止まったり、
 笑ったり、泣き出したり、ふと別の世界を思いついたり。
 
 あなた自身が、その気になれば、どこへでも行くことができます。
 
 選ぶことは、いのちの根本のように思えます。
 選んで、決めて、いのちの時間を使う。
 
 さあ、どこへ、行きましょうか。




このページのトップに戻る

Copyright© 2017 Kokoro no Kobin